カロリーが欲しいならココっ | オールイン・ワン・ライフトラッキング・デバイスミオ・フューズを予約なしで即日発送ならココ!

ちゃんと調べた上での購入をお勧めします。Android4.4以上のスマートフォンのアプリ(メーカーサイト mioglobal.com にアイコンで表示されています。心拍は、表示してます・表示されてる内容が、正しいのかまちがってるのか、他の心拍計と併用をしていませんので、わかりませんが、今のところ満足です。

こちらになります♪

2017年01月12日 ランキング上位商品↑

ミオ・フューズ オールイン・ワン・ライフトラッキング・デバイス カロリーmio FUSE/ミオ・フューズ 最新のオールイン・ワン・ライフトラッキング・デバイス 心拍、距離、歩数、カロリー、活動量、運動量、疲労、回復、目標到達度など

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

サイズで迷う人が多いかと思います。ENDOMONDOアプリで走行記録と同時に記録し、速度や高度と心拍数を後でグラフでも確認できます。モードがあって、切り替えする操作が添付の日本語マニュアルを見ても良く分かりませんでした。(サイズは仕様通りです)左手にMioFuse!右手にスントのAmbitをつけてANT+で接続していますが!時々ロストしています。その他の機能はこれから!確認していきますので!いまのところなんとも。総合として商品としては!満足しています。。トレーニングモード内でGOとPAUSEをタップで切り替える運用操作になります。個人的にこのデザインは気に入ってます。販売される国毎にパッケージを別けずに価格抑えていると思えば仕方ないですね。実際のものは!写真ほど!数字がはっきりと表示はされません。セットアップがタブレットがあるのでブルートゥースをオンにしてmio goから簡単に出来たのですが時計だけ30分ほどズレが直せず悪戦苦闘ですがそれ以外は見やすく買ってよかったです。mioシリーズから選び!表示機能が必要な場合!mio FUSEは良い選択だと思います。ME572CL-BK16LTE ASUS MeMO Pad 7は問題なく接続できました。ハンドソープで丸洗いできるのは!衛生的でいい感じですね。Docomo Xperia Z3 Conpact(Andrid4.4)で使用していますXperiaは、Ant+も対応しているのでRuntastic等Ant+をサポートしているアプリを利用するときはさらに便利です私が勘違いしていたのが、本商品がスマホBluetoothを介してセンサーとして単独で認識されると思っていたことです本商品はスマホと同時に使用する場合は、あくまで上記のRuntastic等アプリを介して使用することになります(理解してしまえば私にとってたいした不満ではありません)mio純正アプリのmio goが日本語化されるとさらに良いと思います私が実現したいと思っていたことがほぼ実現でき大変満足しています(でも、mio alpha 2 もポチってしまいそうで・・・・・怖いです)STRAVAのAndroid版で使用しています。ポラールの胸バンドセンサーが不要で!手首で正確に測れます。ボタンの物理的位置表現がいまいち。ご参考まで。2週間ほど使ってのレビューです。EPSONの腕時計型心拍計が!多数のフィットネスアプリに対応すれば!そちらの方が電池保ちなど良いかもしれませんが!現状メーカーアプリのみで閉じた世界のため!選択肢とならないのが残念です。トレーニングには欠かせない一品です。youtubeに「mio FUSEのトレーニングモード(心拍計)への切替」として短い動画をアップロードしておきました。心拍計として使うには、トレーニングモードにする必要があります。早い対応でよかったです。フィート・ポンド・マイルは切り替えられるのかな?まだまだ使いこなすには時間がかかりそうです。脈拍はちゃんとモニタリングできているようです。他のアプリとの連動は自分は使っていません。HPで公開されているので、すぐにわかりましたから良いですけど。次に!MIO GO で設定を行いますが!アンドロイドだと!OSのVerに注意が必要です。どのタブレットなら使用できるのかいまひとつ解らなかったので、購入を決めるまで時間がかかりました。本体の使い勝手は非常によいです。予約締切日からの発送も非常に迅速でした。まず私の手首の周囲が、20cmなので、ちゃんと届くか不安がありましたが、Lで端から3穴目でつかえています。バッテリ稼働ですが1週間ほどは持ちますし!基本夜に走る自分の用途にはぴったりはまっており!満足していますのでお勧めします。 コントロールするアプリに注意が必要 ってことで!☆4とさせていただきます。思ったより厚みがあったのでワイシャツの下には厳しいです。少し残念です。商品が無事とどきました。購入時!小生腕が細いのでアクアにするか迷っていましたが!結果このクリムゾンでベルトの真ん中くらいでした。手にはめずにやるとそんなに苦労なくできるんですけど!改良が必要でしょう。結果、大変重宝しており満足です。MioGoを使って簡単にiphone6とペアリング出来ました。本体に関してはリストバンドの端を固定するのがなかなかうまくいかない。CATEYEのサイコンと通信させて使ってます。全日モードだと歩数計として動作します。モードの説明もいまいち。ちなみに手首回り一番細い所で16.5cmですが!手首より3−5cm肘側に装着するので!アクアでは尺が短かったのではないかと思います。。私のスマホはVer.4.0でインストールできませんでした。機種はZenfone5です。マニュアルが着いていませんでしたが!公式ページに日本語のマニュアルがあります。トレーニングモードに切り替えた状態だと短いですけれど、一日に十数時間走るような運用をしていないので自分は問題ありません。ランニング中に手軽に心拍を見たいと思い!この商品を選びました。腕につけるハートレートモニターを色々迷いましたが!mio fuseは脈拍が正確にでるのと手頃な価格なのが購入の決め手になりました。視覚性など概ね満足ですが!自分は心拍数だけが知りたいのですがall day modeでは1日持ちません。。ENDOMONDOやSTRAVAやwahoo)と連動する心拍計として、おすすめできます。アクアはS−Mサイズとのことですが!どちらかと言えば細い手首の私(男)でもサイズはギリギリでした。みなさん大きい大きい書いてますが!自分としてはそれほど大きくは感じませんでした。マニュアルには2つの機器を同じ手に着けるよう推奨していますが!そのとおりです。USB充電アダプタも小型です。有効に脂肪を燃焼するためには、心拍数管理が重要だということを知り購入。品物も問題ありません。ただ、1点だけ、ボタンの押し難さがなかなか慣れず、☆マイナス1としました。説明書が入っていない商品というのも珍しい。結局 NEXUS7(2013)なら対応できました。。クリムゾンの赤になりましたが雰囲気がアグレッシブになり結果良かったです。Nexus 5とXPERIA Z3で運用していますけれど!古く安い端末ばかり買っているので!他のAndroid4.2までのものでは接続できませんでした。心拍数の表示はすぐ消えてしまいますが!点滅するステータスLEDで大まかにわかり!表示項目やステータスの心拍数の範囲等はアプリでカスタマイズできます。取説は日本サイトからダウンロードできるので、使い方は全く問題なし。アプリは日本語ではありませんが!なんとなくわかりました。当方腕がそれほど太くないためaquaにしたところ、それでも十分バンドが余りました。(実質一番端かな)なので!腕が太い人は!一度メジャーで計測したほうがいいです。昨日ポチって今日届きました。周辺の説明が少ないおよび、MIO GO や、Bluetooth のVerについて、説明があるものの、記載が少ないので、購入の場合は、自分のスマホや、タブレットが対応しているか。ネットで説明書読みましたが!書いていることはわかるけど!取説としては解りにくいです。気に入ってます。スマホを持っていなかったので、この商品を使う為にタブレットを買いました(他の用でも使いますが)。スイッチ類に関して説明書みても少々難ありです。HOLDが消えるまで長押しすれば良いようです。最初の心拍スキャンには30秒ほどかかりますが、それ以降は少し緩めにつけていても問題なく、びっくりするくらい正確に計測できるもんだなーと驚いています。。胸バンドなしですぐに脈が計れるのはとても便利です。サイズは手首の細い人でもLでいいと思います。電池の保ちも!全日モードなら延々保ちます。因みに私は細めですが、Lを購入し、ベルトのほぼ真ん中です。スポーツクラブのランニングマシンについている、心拍計と比較しましたが、数値はほぼ同じ値でした。初めての心拍計機器購入です。一枚うす曇りのフィルムを通してみたような感じで少しぼやけますが!私の主観では!許容範囲です。心拍数もオムロンの血圧計(上腕タイプ)と同じ数値が出るので信頼できます。全く問題ありません。自転車乗車時の心拍数測定・記録のために購入し、大変満足しています。ただ、やはりアプリの日本語説明書が無いのがつらいです。。夜間走行中でも良く分かります。なのでNEXUS7にインストールを行いましたが、旧型では、Bluetooth3.0なので、通信できません。ディスプレイの視認性は夜間でも非常に良いものです。バンドの触感は良いです。Android4.4以上での対応となるのが注意点です。操作的には単純なので!昔のポラールみたいに本体側で全て行うよりずいぶん楽になりました。ただ、取扱説明書がやや不親切な感じで分かりにくいのが残念ですが。