てぶくろの値段 2017年度

編み物初心者ですが、小物に挑戦したくて購入しました。いずれにせよ、やや根気のある人向けかと。嶋田先生の教室に通うことになり、購入。

コチラです♪

2017年01月30日 ランキング上位商品↑

てぶくろ手編みのてぶくろ [ 嶋田俊之 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

レースの手袋や モヘアの鉤針編みなんかも載っていて いろいろ参考になると思います。ちなみにどのてぶくろもとても素敵なのですが、わたしはウェディンググローブが一番気に入りました。指定糸と同じ程度の太さの糸で思ったとおりに出来上がり大満足。嶋田さんの作品はどれも丁寧で!上品な感じがします。説明も詳しくてずっと使える一冊になりそうです。何を編もうかと わくわくしてきます。指と指の目の拾いかたや穴が目立つ時はどうしたらいいか、など、初心者がしりたいところはさらっと流しています。何点か本気で編んでみたい作品に出会える本です。どれもこれも編んでみたいです。サイズ調整も可能なのは大変有り難いです。基本をしっかり学びたい方向きです。いろんな手袋が載っていて!見ているだけでも楽しかったです。手袋の編み方が多く載っている本が欲しかったのですが!ここで見つけられて満足です。超オーソドックスな手袋の編み方が、懇切丁寧に掲載されています。手袋を作ろうと思い!ネットで本や編み図を探したところ!この本を見つけました。買って良かったと思っています。並べて眺めているだけでも 嬉しいです。ですが!ネットで探せば分かりやすく模様編みの編み方等を解説してくれる動画等もあるので!そういうツールを使えば中級者にまで至らないレベルの方でも満足できるのではないかと思っています。海外製の糸も多く使われて!使用糸の実際の太さがわかりにくいところでー☆嶋田先生の本は 「北欧のニットこものたち」が大好きで 数年前に 図書館で何度も借りて たくさん手袋を編んだのですが 絶版になっているようで手に入らないので この本は 中身も見ずに 即購入!ミトン 5本指手袋 ともに 基本の編み方が丁寧に解説されているので 初心者の方でも 分かりやすいのでは?と思います。ていねいで、センスも良く、この本を開いたら、誰しも嶋田先生のファンになります。サイズの調整の仕方や!「なぜこう編むのか」といったワンポイントも書かれているのでとても勉強になります。過去に!2〜3個手袋を作ったことがありますが!模様編みや編み図の読み方があまりわからない程度のレベルです。(そういうところは、絵的にきれいではありませんから)その点、この本は、ある程度の経験者向きといえるでしょう。ウェディンググローブとしての使い道ではないけれど!黒で編んでも素敵かなと思います。カラー写真で詳しく書かれてあります(10ページほど)手袋編みの教科書として欲しい1冊です。編み込みや縄編みなど魅力的な作品が多いですがこのレベルに到達するまでは時間がかかりそうです。1号針で編まれた手袋はエレガントで!いつか編んでみたいと思いました。ミトン!5本指の手袋!棒針!カギ針で作るものはもちろん知りたかったサイズ調整の方法がしっかり書いてあるので!私には永久保存本です 編み物中級以上の方ならそんなに難しくなく充実の編み物時間が楽しめると思います☆ 一緒に靴下の本も購入しましたそちらも充実度が高く 大満足です(^−^)v編み物初心者です。右手と左手!縄模様の方向が違います。在庫があったので早く手に入って助かりました。ミトン・手袋の基本をここまで詳しく書いた本は他にないと思います。基本のミトンを、あまり細くない糸で編んでみるところからスタートすると、徐々にステップアップできるかも。初心者だけれど5本指手袋を編んでみたい人は、別の本で慣れてからトライしては。知りたいであろうところの写真もありません。美しい手袋がたくさん載っていて、見ているだけでも楽しいです。毛糸を選ぶうえでの色彩感覚の勉強にもなりますし!どれもとても美しいてぶくろばかりです。編み物はいつの間にか太糸が主流になっていますが、私はやはり中細以下の糸で丁寧に編むのが好きです。個人的にうれしかったのは、「北欧のニットこものたち」の、作品に使われているのに載っていなかった2色で編む作り目がこちらの巻末に出ています。サーモンピンク色で!ケルト風ミトンを編みました。小さい作品とはいえ早く編めるものではなくじっくり丁寧に編める方にお進みしたい作品集です。男女・子供用・ベビー用とサイズ展開がよいこと!そもそも手袋やミトンの製図の仕方から分かるので大変重宝しています。ベビー キッズサイズの手袋も載っています。かぎ針編みのミトンはとっても可愛い。過去に編んだ手袋は!どうしても親指の根元に穴があいてしまいました。これで 靴下・マフラー・手袋と 嶋田先生の小物本が揃いました。5本指の手袋を編もうと思って購入しましたが!まちの作り方が書かれているのはこの本が初めてでした(他にもあるかもしれませんが)。「3色のほうを参考にして」って?と、悩んだ未熟者としては、これも、「北欧〜」に掲載してほしかったなあ、と思います。嶋田本は観賞用になることが多い中!この本からはさっそく1点作成してみました。親指のまちの有無やバリエーション!指の長さや比率のバランスまで詳しく説明されています。完成したら達成感が得られる作品が盛りだくさんです。どれもこれも編んでみたい!!と思いました。美しい手袋ばかりです。ミトン、5本指手袋の「基本の編み方」をマスターしましょう。ただ、ていねいではありますが、初めて5本指てぶくろを作ろうという方には、正直難しいと思われます。手袋編みがはじめてのひとも!いくつも作っている人も!満足できる一冊です。まずは基本の手袋に挑戦します。手首は裏に折り返して!とじてあります。簡単な手編みでは物足りない人向けです。男子にもOKのアラン模様!斜めに編み進む不思議なミトン!ロマンチックなモヘアの玉編みミトンバスケット編みで5本指の手袋とミトン!ウエディング風手袋!花のモチーフつなぎのミトンフェアアイルの編み込みミトン!透かし編みのハンドウォーマーなどかぎ針!棒針編みの手袋30作品が載っています。初めて五本指の手袋を編みましたが問題ありませんでした。それゆえ記述も細かく、編み物初心者にはまず読みこなす点でハードルが高いかもしれません。眺めているだけでも幸せで楽しい気持ちになりますよ!!掲載されているレシピは初心者でも編めそうな単色のミトンから!フェアアイルの5本指手袋まで多彩です。この本をベースに!分からない部分は基礎本を見ながら作っているので!全くの編み物初心者には!この本だけで手袋を作るのは難しいかもしれません。応用作品としてはバスケット編みやかぎ針のモチーフつなぎ!ななめ編み!ウエディンググローブなどが紹介されています。それぞれの標準サイズの記載があるのもよいですね。別の作品にもチャレンジすべく糸を物色中です。正直「これは使いにくいんじゃない?」と思う凝ったデザインも同時に載っていますが!作品集としてみる限りではそういうものも楽しいです。なお!模様編みや特殊な編み方が分からないので!これを機に棒編みの基礎本も一緒に買いました。編める力量は中の上以上の方むきです。相変わらず 写真は非常に綺麗です!!私にとって残念なのは 「北欧のニットこものたち」と重なるので 仕方ないのでしょうが・・・北欧テイストの手袋が少ないことです。。まち付きなら解消するのではないかと期待しています(現在制作中)。